開発者紹介

水素発生装置「ENEL-02」開発者紹介

img_02  高藤 恭胤(たかふじやすたね)先生

 昭和31年2月13日生まれ 広島国際学院大学 理工学部 電気科 卒業後、ゾンボード製薬株式会社入社。

株式会社 富士通ビー・エス・シー、株式会社メディックを経て、

2001年フリーダム株式会社を設立。

これまで、さまざまな商品開発や  特 許  ( 5 5 件 ) を取得。

また大手企業の顧問を多数務める。

 現在は極東連邦大学客員教授(ロシア連邦)、金沢大学大学院 自然科学研究科の講師も勤めながら、フィリピンでの、白内障の治療のボランティア活動や、

中国など海外での活動も、精力的に行っている。2014年4月18日 東久邇宮記念賞受賞。

 2016年夏、ロシア極東連邦大学の依頼により教授陣・大学院生の方々に水素の基礎から医療への応用の講演。日本からも多数聴講に来られました。

講演の評価が高く、講義継続中。

 2016.10.24 ~ 2018.10.23 極東連邦大学の研究員になりました。

 2018年度から東京工業大学の客員教授に着任予定。

 ホワイトハイドロゲン(水素カプセル)による臨床試験 進行中。

 

 

 

 

 

・高藤恭胤 金沢大学講演会要旨・・・「素晴らしき水素」

・高藤教授の出演されています F M 横 浜 の URL は以下の通りです。

https://www.fmyokohama.co.jp/pc/topics/2016/sp_0501Ateam/