がん予防、テロメアと水素

老化防止、がん予防の可能性を拡げるテロメアと水素

染色体の端部にあり、細胞分裂のたびに短くなるテロメア。歳と共に縮むと考えられて来たテロメアについて、そのテロメアを伸ばして細胞を若返らせる研究発表が先日ありました。

ノーベル生物学賞学者ブラックバーン博士の著書です。

研究内容は、テロメアの長さを伸ばし老化を遅らせ、がんなどの病気も防ごうというものです。

人体は約37兆個もの細胞で成り立っています。生まれたての時は1万5千もあると言われているテロメア。35歳で半分に減少、6千を下回ると染色体が不安定になり、2千以下だと分裂再生できなくなる「細胞老化」の状態になるそうです。

テロメアの減り方のカギになるのがストレスです。・・・・そうです、あの悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルを生み出すものです。

研究では強いストレスを感じている方はテロメアが標準の方より短いことがわかりました。

心理的ストレスに弱い方、心配性の方々は悲観的であるほどテロメアが短いことが判ったそうです。

ストレスによる活性酸素の発生を抑え、老化防止、がん予防につながる「水素ガス吸引療法」は健康寿命を延ばすカギとなりそうです。

キズ、炎症とテロメアの減少

繰り返しキズや炎症を起こすことは細胞の入れ替えが頻繁に起きています。

つまり、細胞のテロメアも減っていき、正常な再生が困難となります。

即ち、がん化しやすくなるということです。

これには活性酸素が深く関わります。

活性酸素を排出させるには「水素ガス吸引療法」が最も効果的です。

「水素ガス吸引療法」には特別な呼吸法があります。

6秒吸引、1秒停止、3秒で息をゆっくり吐くというものです。

精神を安定させ、交感神経の働きが低下し、副交感神経の働きが高まります。

2つの神経バランスが安定し、リラックスさせるのです。

水素ガス吸引療法はがん老化予防の医学的見地から、今後脚光を受けると考えられます。