糖尿病Ⅱ型と水素吸引療法

水素ガス吸引の頻度と目安

「水素ガス吸引療法」の効用のうち、最もわかり易いの生活習慣病は 糖尿病2型です。

血糖値が300位なら水素吸引 7日くらいで改善が見られます(「目的別、水素吸引の頻度と目安」参照)。

1000以上で体がふらつく状態だと1か月はかかります。

HbA1cの数値の減少確認には2~3ヶ月必要です。

臓器によって細胞の入れ替わりはには差があり、1日で済む場合、1か月かかる場合とさまざまです。

すい臓1ヶ月かかります。最も長いのは肝臓4~5か月はかかるでしょう。

それでも肝臓の場合、医者が「薬を飲んで5年後の検査をしましょう」という状況に比べればはるかに短期間と言っていいと思います。

医者のセリフから肝臓の細胞入れ替えには普通は5年かかるということになるからです。