パーキンソン病と水素ガス吸引

原因はドーパミンを減少させる活性酸素

パーキンソン病は能の中心部で中脳というところにある「黒質神経細胞」が破壊されることで、

ここで作り出されて筋肉を動かす司令をコントロールする「ドパミン(ドーパミン)」

という物質が減少し、体を自由に動かすことができなくなってしまう病気です。

黒質神経細胞は、脳の中心部、脳幹の中脳と呼ばれるところにあるわずか1gしかない黒っぽい細胞で、

ドパミンはここで作られます。

パーキンソン病に対する「水素ガス吸引療法」が現在 治 験 段 階 にあります。

健康な人でも、脳の黒質細胞は年齢とともに損傷・減少し、それにともなってドパミンの量も減り、

ドパミンの分泌量が元の量の20%以下になるとパーキンソン病の症状が現れます

黒質細胞は活性酸素によって傷つけられると言われています

また細胞内でエネルギーを作り出すミトコンドリアが機能しなくなることも

黒質細胞の損傷に影響していると考えられています。

活性酸素は万病のもとですね!

 パーキンソン病をもっと詳しく知りたい方(リンク)