水素ガス吸入器(生成器)の選び方について

生 成 方 法 が 違 う 水 素 ガ ス

水素ガス吸入器(生成器)はその生成方法により以下の3つに分けられます。

① 工業用水素ガス(ボンベ)の希釈吸引方式

特徴・安定した水素分子のガス

  ・高濃度

  ・基準が無い

  ・副作用あり

  ・反応性が低い

  ・危険性大

  ・安価

② 水の電気分解で発生した水素ガスの希釈吸引方式

特徴・生成した水素分子のガスは100%濃度

  ・基準が無い

  ・危険性高い(爆発事故例あり)

  ・希釈吸引方式の為濃度管理が非常に困難(4%以上は爆発濃度となる)

  ・反応性の低い安定した水素ガス

  ・オゾンガス(猛毒)など他の分子状ガスを発生

  ・や や 高 価

③ 電 磁 誘 導 加 熱 方式「ENEL-02」

特徴・2% 濃度を安定維持

  ・ヒドロキシルラジカル(活性酸素)との反応性が非常に高い

  ・650°以上に一旦 加熱し冷却、励起された反応性の著しく高い原子状水素(ヒドリド)

  ・安全性が非常に高く、副作用が全くない

  ・水となり体外へ排出される。この為吸引中、後はトイレが近くなる

  ・高  価

  ・先進の医療機関に提供、エビデンス蓄積中。今後の発展性が高く、臨床試験例多数。

  ・医療実績が非常にに多く、先進医療B51以外での承認が期待されている

  ・フルメンテナンス