糖化(メイラード反応)と老化(エイジング)を防ぐ水素

糖化、酸化、老化を防ぐ水素吸引療法

糖化(メイラード反応)」とは体内のタンパク質と糖質が結びつくことで老化を促進させるAGEsが増えることを言います。

AGEsは糖尿病、慢性腎不全、アルツハイマー型認知症などを悪化させることが判っており、糖尿病の合併症原因とされています。

活性酸素により細胞障害を加速させ、臓器の機能低下を招きます。

また、AGEsは体内のほぼ全ての細胞、分子に影響を与え老化の一因で、かつ加齢性慢性疾患の原因であると考えられています。

酸化と糖化は常に影響しあっており、酸化により糖化が加速してしまいます。

これを防ぐのが強い還元力を持つ活発な水素(4H、H-:ヒドリド)です。

水素には分子状水素(H2)原子状水素(4H、H-)があります。

分子状水素は電気分解や化学反応により発生する反応性が低く、還元力の弱い水素です。

一方、原子状水素はエネルギーを持ち反応性が高く、活性酸素と選択的に結合し、水となり排出されます。

活性酸素による酸化、糖化の促進を低下させることが出来るのは、活発な水素である原子状水素(4H、H-:ヒドリド)です。

糖化の原因(AGEs)はどこにあるの?

出典:ウイキペディア

AGEsは食品として体内に取り入れる場合と体内で作られる場合があります。

①食品の典型例

肉、バター、一部の野菜にAGEsが含まれ、調理の内、特に揚げる、ローストする、焼くなどの水を使わない料理法で大きく増加するが、ゆでる、煮る、蒸すなどの場合は比較的増えない。

1997年の研究では、卵白に砂糖を加えて加熱することでAGEsが200倍に増加することが示された(※1)。

※1:^ a b Koschinsky, T; He, CJ; Mitsuhashi, T; Bucala, R; Liu, C; Buenting, C; Heitmann, K; Vlassara, H (Jun 10, 1997). “Orally absorbed reactive glycation products (glycotoxins): an environmental risk factor in diabetic nephropathy.”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 94 (12): 6474–9. doi:10.1073/pnas.94.12.6474. PMC 21074. PMID 9177242.