高血圧と水素

高血圧

人間の欠陥は加齢と共に老化します。

動脈硬化とは血管内壁に参加した脂質(LDLコレステロール)が沈着し、血管プラークが形成された状態です。

血管内壁は徐々に硬くなり、血流が悪くなります。これが動脈硬化です。

狭くなった血管を同量の血液が通るとなると圧力が必要です。

血圧が高くなるのは当然と言えます。

この動脈硬化は様々な血管病(循環器系)の危険因子とされています。

代表的な疾患は脳卒中、心臓病、腎臓病、大動脈瘤などです。

水素は血管内壁の参加防いでくれます。血管内壁の酸化は悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)

が原因とされています。

水素を取り入れることで活性酸素を除去すればLDLコレステロールの沈着を防止できます。

 

血管を広げる一酸化窒素

通常、血管は自ら拡張する働きを持っています。

血管の一番内側にある内皮細胞は、血流が早くなる(血圧が高くなる)と血管拡張物質である一酸化窒素(NO)を作り、放出します。

一酸化窒素(NO)の作用で緊張がゆるみ、血管が広がるのです。しかし。内皮細胞が老化(酸化)すると、一酸化窒素(NO)の生産力

が低下します。血管が広がりにくく血流が悪くなります。これが動脈硬化の始まりです。

水素を取り入れると一酸化窒素(NO)の生産力が上がり血管を広げることで動脈硬化の改善や脳機能改善効果が期待できるのです。

水素ガス吸引療法(民間療法)や点滴(「Ph10」自由診療)治療で一酸化窒素(NO)の量が増え、動脈硬化した部分に選択的に作用して

一酸化窒素(NO)の量が増え血流を良くすることが出来ます。

 

(※)高血圧の資料