Ph値と身体の関係

Ph値と身体の関係

pH(ペーハー)値という単語、聞いたことがあるでしょうか。
実はこのpH値というものは、お水と関係があり、さらには身体にも作用する大事なものなのです。

このコラムでは、pH値とはなにか、身体とどういった関係があるのかについてご説明します。
pH値とは?
水の味を決めるものとして、水の硬さ(軟水か硬水か)の他にpH(ペーハー)値と呼ばれるものがあります。
pH値とは何かご存じでしょうか?

pH値とは水素イオン濃度のことで、水溶液が酸性なのかアルカリ性なのかを示す値のことです。

1〜14までの数値で表され、pH7を中性として1に近づくほど酸性、14に近づくほどアルカリ性となります。
酸性・アルカリ性というと、小学校で習ったリトマス試験紙やCMなどでも聞いたことがある方がいらっしゃると思います。
pH値は実は身体にとって大切なものなのです。

pH値とお水、どういった関係があるのか見ていきましょう。

身体のPh値

人間の血液のpH値は、7.3〜7.4の弱アルカリ性であるのが健康とされています。
これが酸性に傾くと、頭痛や眠気、関節痛、肌荒れ、ひどくなれば心臓疾患や骨粗しょう症までをも引き起こす危険があります。

だからといってアルカリ性に偏りすぎると、血管が収縮しひきつけやしびれを引き起こす可能性もあります。
私たちの身体の健康は酸性とアルカリ性のバランスによって保たれているのです。
pH値は取り込む食品によって作用されます。

現代、多くの人々は乳製品、肉、穀類などを好むため、身体が酸性に傾きがちであると言われています。
実は精神的な面でもpH値は変化します。

ストレスが蓄積されたり、ネガティブ思考になったりすることで身体が酸性に傾いてしまうのです。

日々の疲れがなかなかとれなかったり、体調不良が続いたりすると精神的にも酸性に傾く要因になり、

さらに体調を崩してしまうという悪循環が起こってしまいます。
この悪循環を断つためにも、身体のpHをアルカリ性に近づけ、中和させることが大切です。
では、酸性に傾いた身体を弱アルカリ性に戻すためにはどうすればよいのでしょうか?
もちろん、毎日の食事も気をつけなければいけません。

酸性の食品は肉・魚・乳製品・穀類などで、欧米化された食は身体を酸性に近づけてしまいます。
アルカリ性の食品は主に野菜類・果物類です。

果物は実は酸性の食品なのですが、いったん身体の中にはいるとアルカリ性となります。

果物にはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどさまざまなミネラルがたくさん含まれており、これらのミネラルは体液に溶けるとアルカリ性を示します。
人間の身体はミネラルを自ら作り出すことはできないため、ミネラルを摂取するには外から取り入れるしか方法がないのです。

とはいっても、いくらミネラルやpHのためだからといって毎日野菜や果物を食べるのはなかなか難しいですよね。
しかし、私たちが毎日必ず口にするものを少し変えることで、身体をいたわってあげることができるんです。

弱アルカリ性をキープするために、pH10の水を飲みませんか!