パーキンソン病と「水素ガス吸引療法」、Ph10点滴、プラズマ療法

ドーパミンを減少させる活性酸素  パーキンソン病は脳の中心部で中脳というところにある「黒質神経細胞」が破壊されることで、  筋肉を動かす司令をコントロールする「ドパミン(ドーパミン)」という物質が減少し、  体を自由に動 … 続きを読む パーキンソン病と「水素ガス吸引療法」、Ph10点滴、プラズマ療法