慢性炎症は ” がん ” の火種

慢性炎症は ” がん ” の火種

炎症には急性のものと慢性のものがあります。

急性炎症は短時間で起こり一過性で終わるものです。

一方、慢性炎症は数週間~数年間にわたり炎症がくすぶる様に続きます。

炎症がある場所には必ず悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)が発生します。

悪玉活性酸素は細胞膜や血管壁を酸化させ、キズをつけ老化させます。

細胞膜は脂質から出来ており酸化され易く、進行すると穴が開きます。

活性酸素はそこから細胞核に近づき更に参加させやがて遺伝子にキズ(刺激)をつけます。

キズや変異が起こると細胞は正常に再生することが出来ず、やがてがん細胞

(悪性腫瘍)に変化します。

以下に炎症に伴って起こるがんの例を示します。

 

炎症の原因と考えられる病的状態 炎症に伴ってみられるがん
歯肉炎 口腔の扁平上皮がん
逆流性食道炎 食道がん
胃炎 胃がん
肝炎 肝がん(肝臓がん)
胆石による胆嚢炎 胆嚢がん
膵炎 すい臓がん
炎症性腸疾患 大腸がん

骨盤内炎症性疾患

卵巣がん

水素ガス吸引器「ENEL-02」が作る活性化した水素は悪玉活性酸素

(ヒドロキシルラジカル)と選択的に結びつき水となって体外に排出されます。

継続的に水素を吸引することで深部体温は上昇し、免疫力が上がります。

細胞は正常に再生され”がん”は緩解状態になると考えられています。

 ⇐ 戻る