慢性膵炎

慢性膵炎とは

慢性膵炎とは、すい臓に継続的な炎症が起こり、壊れた細胞が線維化し硬くなってしまうことで、

すい臓の機能が失われてしまう慢性疾患(慢性炎症

です。すい臓は食べ物を消化吸収するために大切な役割を果たす臓器ですが、

慢性的に炎症が生じると、消化吸収の機能が低下します。

その結果、糖尿病やすい臓がんを発症する確率が高まります。

慢性膵炎の原因の多くはアルコールです。

このため、治療では薬剤や内視鏡を用いた症状を和らげる治療の他、

禁酒、断酒などの生活習慣の改善指導が重要となります。

原因

慢性膵炎の多くは長期間のアルコール摂取、胆石などがありそれらが原因で急性膵炎がやがて慢性化し、慢性膵炎となることが多く認められます。

遺伝性膵炎の場合、幼少期から腹痛、下痢、嘔吐などの急性膵炎の症状を繰り返し、やがて慢性膵炎(慢性炎症)へと進行していきます。