抗がん剤、放射線と水素について

抗がん剤、放射線は大量の活性酸素を作ります

 抗がん剤や放射線による治療中は体内で活性酸素類が大量に発生し、これが肝臓や心臓や腎臓などの諸臓器の機能を低下させ、

 免疫力や治癒力を低下させる原因となります。

 さらに、活性酸素の中でも特に悪玉であるヒドロキシルラジカルは 「 がん細胞の悪性化 」 を促進します。

 抗がん剤の多くは、活性酸素の破壊力を利用してがん細胞のDNAを破壊し、がん細胞を死滅させるものです。

 放射線がガン細胞を殺す力も、放射線が体内の水分と反応して発生する 「 活性酸素 」によるものです。

 すなわち、放射線や抗がん剤により発生する活性酸素は、がん細胞にだけ作用せず、正常細胞までダメージを与えてしまいます

 抗がん剤は正常な細胞にもフリーラジカルによる障害、DNAの変異を起こします。

 これが、「放射線や抗がん剤は発がん剤」という矛盾を生む理由です(※)

 水 素 混 合 ガ ス (  2 % : 厚生労働省先進医療  B 51 「水素ガス吸引療法」 ) を体内に取り込むことは、

 抗がん剤の副作用軽減にも非常に有効です

 抗がん剤や放射線治療の数年後、新たなガン(ガンの再発、再燃)の発生率が高まることは多くの研究で確かめられています。

 正常な細胞や組織が障害を受けて機能が低下すると、体の抗酸化力、免疫力や体力も低下します。

 抗がん剤、放射線治療の最も大きな副作用は、正常細胞の強力な酸化作用です。

 手術による組織や臓器の切除は炎症を引き起こし、傷が治る過程で活性酸素やフリーラジカルが大量に発生します

 手術によって体力や栄養状態が低下すれば、体力(体の抗酸化力)も低下し治癒力も低下します。

 この現象は、がん切除手術後など治療後に、今までより体力がなくなり、急に「元気がなくなったり、やつれたりする」ことで広く知られています。

 抗がん剤、放射線、手術などのがん治療は、酸化負荷を増大し、抗酸化力を低下させ、その結果、酸化ストレスを増大させます。

 酸化ストレスの増大は、DNA障害によって遺伝子変異を引き起こし、がん細胞の悪性化を促進します。

 副作用がなく、安全に悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)だけを除去できるのは 水 素  ( 水素混合ガス :  2 %  )だけです。

 (※)体内で取り込まれた酸素から発生する活性酸素以外に外的な要因で発生する活性酸素もある

 紫外線や放射線などが細胞に照射されると細胞内に活性酸素が発生するのが知られている。

これを利用したものが、癌治療として放射線治療である。

 出典:ウィキペディア

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E9%85%B8%E7%B4%A0