抗がん剤、放射線治療の副作用軽減と水素吸引

抗がん剤の副作用

 抗がん剤が効き目と引き換えに副作用が強いことは皆さんご存知の通りです

 抗がん剤は体内で 悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル )を大量に発生させ

 がん細胞だけでなく肝臓、心臓、腎臓などいろんな臓器の機能低下させ、免疫細胞を破壊し、免疫力低下を招きます。

 白血球数(WBC)値の低下はこのためです。

 担当医はWBCをひとつの目安にします。

 抗がん剤を継続すると免疫力や治癒力も必然的に低下することになります。

 この結果、痛み、吐き気、食欲不振、全身の倦怠感、貧血、感染症、下痢、脱毛、口内炎、発熱、ほてり、悪寒などが起こり、

 体力低下、体重減少免疫力低下の悪循環に陥ります

 ・・・・抗がん剤の種類と副作用 参照

  ⇐戻る

水素による副作用軽減

 「水素ガス吸引療法」は副作用、とりわけ生理的副作用(痛み、吐き気、食欲不振、全身の倦怠感、貧血など)

 の改善が望めます。

 また、多くの方が、がんに伴う様々な痛み(疼痛、骨盤転移、リンパ浮腫)の低減に使用されています。

 抗がん剤、放射線治療を止め、水素ガス吸引だけに絞るのではなく、

 治療法を併用することで副作用の軽減と水素による自己免疫力の向上を獲得するのです。

 さまざまな臓器の機能を回復させ、活性酸素の除去と副作用を改善(QOLの向上)します。

 先進的な医療機関は “ 水素ガスが抗がん剤の副作用軽減に有効である ” と

 「水素ガス吸引療法(水素水を利用含む)」を取り入れておられます。

 抗がん剤の中には活性酸素(フリーラジカル)の破壊力を利用し、

 がん細胞のDNAを破壊し、死滅させるものが多くあります。

 放射線治療は、放射線が体内の水分と反応し発生する活性酸素(フリーラジカル)

 を利用するものです。当然、正常な細胞も活性酸素(フリーラジカル)にさらされます

 このように、放射線や抗がん剤により発生する活性酸素(フリーラジカル)は、

 がん細胞だけでなく正常細胞までダメージを与えてしまうという根本的な問題あります。

 抗がん剤治療や放射線治療の数年後、新たなガン(再発、再燃)

 の発生確率が高まることは多くの研究で確かめられています。

 この理由として大きく2通りの考え方があります。

   ① がん幹細胞が残っていることでの再発

   ② 抗がん剤治療により正常細胞に酸化ストレスを与えることでの再発

 ①の “がん幹細胞に因る再発”が多いことはほぼ定説となりつつあります。

 手術による組織や臓器の切除は炎症を引き起こし、傷が治癒する過程で

 活性酸素(フリーラジカル)の生産が高まります

 手術により体力、栄養状態が悪くなると体の抗酸化力も低下し、治癒力も低下します。

 抗がん剤、放射線、外科手術などの治療は酸化による負荷が増大し、

 抗酸化力を低下させ結果、酸化ストレスを増大させます。

 酸化ストレスの増大は遺伝子変異を引き起こし、がん細胞の悪性化を促進します。

 副作用がなく安全に悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカルなど)だけを除去できるのは

   活 発 な 水 素 ” だけです。

 ⇐戻る