血液をアルカリ性に保つ

血液をアルカリ性に保つ「PH10(ピーエイチテン)」

 血液のペーハー(Ph)は一般に7.4±0.5に調整されています。

 しかし、喫煙、飲酒、薬物(薬)、生活習慣などによりわずかに酸性になりがちです。

 酸性になると体の免疫機能、代謝機能が低下し、身体の酸化(老化:エイジング)が進行します。

 また、酸性に傾くことで病気に対する抵抗性(免疫機能)が低下し、がん細胞が活発になれる環境となります。

 いかに酸化を防ぎ、老化を防止するか? が医学界、薬学会の究極の目標であることは周知のとおりです。

 「PH10(ピーエイチテン)」は、酸性に傾いた血液を弱アルカリ性にリセットすることが出来ます。

 これまでの還元水とは全く効果が異なります。

 重曹の注射と違い副作用がありません。

 がん細胞への酸化還元作用が瞬時に起こり、代謝を促し身体の細胞を活性化します。

 お問い合わせください。

 Ph10には、 1、飲用
 2、吸引用
 3、点 滴( 医療機関 ) 用 があります。

 健康支援センター博多 URL: https://suiso-salon-ikiiki.com

 twitter

 高藤総合科学研究所株式会社