適正濃度がある水素ガス吸引

2種類の水素ガス吸引療法

水素ガス吸引療法には電磁加熱方式と電気分解方式の2種類があります。

電磁加熱方式で生成される水素は、還元力の強い活発な水素(原子状水素)で、適正な濃度があります。

還元力とは酸素と結びつこうとする力のことです。

電磁加熱方式で吸引する水素は、安定した水素分子(H2)と異なり非常に強い還元力を持つため、

最も効果の高い濃度で吸引することが大事です。

電磁加熱方式である高藤式「水素ガス吸引療法」で吸引する水素濃度は、

統計的に最も効果の上がる2.0~3.5%で調整されています。

「水素ガス濃度高いほど効果が大きい」と言えないことが研究により明らかになりつつあります。