活性酸素(かっせいさんそ)とは?

活性酸素(かっせいさんそ)

活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、

大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である[1]。

一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、

過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる[1]。

活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによってスーパーオキシド、

ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、という順に生成する[2]。スーパーオキシドは

酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素の前駆体であり、

生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させる[3]。

活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルはきわめて反応性が高いラジカルであり、

活性酸素による多くの生体損傷はヒドロキシルラジカルによるものとされている[4]。

過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが金属イオンや

光により容易に分解してヒドロキシルラジカルを生成する[5]。

活性酸素は1 日に細胞あたり約10 億個発生します。

これに対して生体の活性酸素消去能力(抗酸化機能)が働くものの活性酸素は細胞内のDNAを損傷し,

平常の生活でもDNA 損傷の数は細胞あたり一日数万から数10 万個になるが

このDNA 損傷はすぐに修復される(DNA修復)[6]。

出典:ウイキペディア