お客様からの質問とお答え

メッセージ本文:  記事を拝見して大変興味を持ちました。 今水素水サーバーを自宅に設置しております。  正直効果を感じておりません。  質問ですが、体の水素ガス飽和量を教えて頂きたいです。  効果を出すためにはどれ位の水素ガス量を吸入する必要があるのでしょうか?

 お問合せメール拝読いたしました。

 効果が感じられないとは残念な状況ですね。

 まず、質問がございます。

 ” 効果を出すため ” の目 的 は何でしょうか?

 ご存じのとおり水素水とは、人工的に水に水素を溶かしこませたものです。

 物理的に溶存させるには限界があり、一般的に0,4~0,8ミリmol/l(0.8~1.6ppm)が知られている数値であくまで目安です。

 水温が低いほど溶存量も多くなります。

 つまり、条件により数値は変動します。

 一方お問合せの水素ガスの身体における飽和量ですが、結論明確なものはございません。

 年齢、身体条件(代謝能力、活動量など)により大きく異なります。

 しかしながら、% 単位 であることは間違いありません

 即ち、ppm(百万分の一)と%の比較になります。

 ちなみに、厚労省先進医療 B No51 にある「水素ガス吸引療法」の水素濃度は2%です。

 仮に水素水が1ppmだとすると、その2万倍となります。

 「水素ガス吸引療法」を行い、身体中の水素ガスが飽和状態にある場合は、呼吸で吐き出す呼気に水素が混入してきます。

 水素水に関しては様々な研究、臨床結果が報告されています。

 C様の目的がもし、基礎疾患の改善や病気療養(がん、生活習慣病、アレルギー、自己免疫性疾患など)

 の場合、水素水の濃度では直ぐに効果を感じる可能性は極めて低いと思われます。

 しかしながら、数年単位で未病対策、アンチエイジングを目的とするならば、継続することで健康維持につながるものと思われます。

 仮に、病気(疾患)の回復を目的とされているならば、効果の速さと結果から「水素ガス吸引療法」をお勧めいたします。

 但し、水素水サーバーと同じく「水素ガス吸引器」も世間には玉石混交(効くものもあれば効かないものも出回っている)状態です。

 また、「水素ガス吸引器」にも電気分解方式(9割以上)と電磁誘導加熱方式(数%)の2種類がございます。

 電磁誘導加熱方式は明らかな結果を伴います。

 これは低活性の水素分子と活性化された反応性の高い水素イオンの違いです。

 効果も随分違います。

 酸素を例にとると、空気中の酸素分子と活性酸素(ヒドロキシルラジカル)程の活性度の違いがあります。

 C様のおっしゃる ” 効果を出すため ” の目的により吸引頻度や方法が異なってきます。

 「水素ガス吸引療法」の最適な水素濃度は、実績から2%程度の機械が良いと考えます。

 ちなみに、水素ガスは濃ければよいというものではありません。

 参考に「水素ガス吸引療法」の効能と目安となる吸引頻度下記に示します。

 ご参考にして下さい。

 2%の水素ガス吸引器「ENEL-02」についてはリンク先をご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水素カプセル(ホワイトハイドロゲン)を一日4錠以上飲んでも体に副作用はありませんか?

水素カプセル(ホワイトハイドロゲン)は薬ではありません。食品です。 たくさん飲んでも問題ありません。がんや脳卒中、生活習慣病、抗がん剤の副作用軽減を目的とされている方には朝、昼、晩、寝る前の1日8錠をお勧めしています。

サロンでの水素ガス吸入の濃度を教えて頂けますか?
メッセージ本文:
高藤 恭胤様の著書”奇跡の水素革命”を拝見しまして水素ガスの吸入に興味を持ちました。著書では水素ガスの濃度は高すぎても良くないと書かれてました、また、他の書物ではなるべく高い濃度の方が良いと書かれてました。どの書物の記述が正しいのか判りません。よろしければ御社の見解とサロンのガス濃度はどの程度か教えて頂けますか?

 「水素ガス吸引療法」の濃度についての問い合わせについて

 1  水素ガスの種類

 一般に水素ガス吸引に使用される水素は電気分解により生成される H2(安定した分子)と電磁誘導加熱(※)により生成されるH-(ヒドリド:反応性に富む)の2種類に別けられます。
 巷の水素サロン、美容サロンで使用されている多くの水素発生装置は前者の電気分解方式です。
 水素の安定性、反応性の点で大きく異なり、またその効用、目的に適した濃度も異なります。

 2  濃度について

 水素分子濃度を4~5%にするとどうなるでしょう?
 水素の発火点濃度(体積比)は4~75%です。
 爆発の可能性があり極めて危険です。
 他著書に言及できませんが、4%を超える濃度設定にはなっていないのではないでしょうか?
 濃度の単位としてよくppmが使用されています。換算する必要があります。

 3  健康支援センター博多で使用する水素濃度

 当社の水素ガス発生装置ENEL-02 の水素濃度は凡そ1.2~2.4%の範囲で、平均2%です。厚労省先進医療 B 51「水素ガス吸引療法」と同じ濃度です。
 濃度は体積比の為、ひと呼吸に占める水素濃度も1.2~2.4%となります。
 この水素濃度は電磁誘導加熱方式の実績から最も効率が良いと考えられる数値でもあります。

 (※)ホームページをご参照下さい

水素吸引は安心・安全ですか?

安心、安全です。当サロンの水素吸引とは水を650~700℃に熱し、常温に冷却する際に発生した水素を吸引することです。ENRL-02(水素吸引装置)の水素濃度は約1.2~2.4%です。水素の空気中の爆発濃度は4.0~75%の間です。従って爆発しません。また、無味無臭で副作用は全くありません。

吸引時間はどれくらいですか?

最短60分は吸引していただきます。長ければ長いほど頻度が高いほど効果は早く表れます。リクライニングチェアでリラックスした状態の中、ゆったりと吸引して頂けます。

水素吸引中や吸引後尿意をもようしますがなぜでしょう?

①水素と活性酸素が反応すると水(尿)になるためです。

②深部体温、代謝機能が上昇し老廃物を体外に排出する作用が高まります。吸引中でも我慢せずトイレにお立ち頂いて大丈夫です。

若返り、美白、しみ、しわ等 美容にも効果がありますか?

しみ、しわなどの主原因の活性酸素は水素を吸引することにより除去することができ、細胞が若返ります(皮膚細胞は年齢により1~3ヶ月で入れ替わります)美容にも大きな効果があります。

アトピーのかゆみを和らげることは出来ますか?

かゆみの軽減だけではなく、皮膚の炎症箇所に発生する活性酸素を減少させ、皮膚状態も良くなります。水素吸引とともに、レッドハイドロゲンで作った水素水をお肌につけることをお勧めします。

がんの治療中なのですが抗がん剤と併用して問題ないですか?

併用しても問題ありません。水素は薬でなく、人体の免疫力を高めるものです。多量に吸引しても人体に無害で副作用もありません。むしろ水素吸引と併用することで抗がん剤の副作用が軽減されます。