睡眠障害と水素吸引

水素吸引による 睡 眠 の改善効果 

 ① 睡眠導入作用の改善

 ② 睡眠の質の改善

 睡眠障害とは、睡眠に何かしらの異常がある状態です。

 うまく眠ることができない不眠症が代表ですが、実際には日中にも強い眠気を感じる過眠症、

 昼夜の体内リズムが狂うことから生活リズムが崩れる概日リズム睡眠障害,

 無呼吸症候群などさまざまなものが睡眠障害に含まれます。

 また、アトピー性皮膚炎やうつ病など、

 身体的疾患や精神疾患に関連して睡眠障害をきたすこともあります。

 何かしらの睡眠障害を抱える方は、日本において約5人に1人いるとの報告もあります。

 しっかりとした呼吸法により2時間の水素ガス吸引を行うと睡眠への導入効果、睡眠の質の改善効果が期待できます。

水素吸引の仕方と効果

 カニューレという器具を使って鼻から吸います。6秒吸って1秒止め、3秒で口から一気に吐く

 という 呼 吸 法 が 最 も効 果 的 な 方 法 で す。

 この呼吸法で吸引する と水素の摂取量が増え、肺の筋力も強くします。

 この呼吸法により吸引前に比べ吸引後の深部体温が0.5~2.0°C程度上昇します。

 呼吸法に集中することでストレスをやわらげ、交感神経が落ち着き、

 精神的にリラックスすることができます。

 このため、水素吸引を始めると水素の力と独自の呼吸法でとても眠くなります。

 目安は、吸う時はゆっくり6秒、1秒止め、吐く時は力強く3秒です。

 この呼吸法のコツは ” 息を吐ききる “ ことです。

  この呼吸法は 慣れるのにやや時間を要しますが、やがて 慣れてきます。

 2 時 間の水素吸引は明らかな違いを生じます(個人により差があります)。

 2時間で約53リットルもの活発な水素ガスを取り入れることなります。

 吸引する水素ガスの合計量が多いほど効果も増します。

 臨床試験結果が待たれます。