アトピー性皮膚炎と「水素ガス吸引療法」

アトピー性皮膚炎と「水素ガス吸引療法」

 活性酸素は炎症の起こっている場所で大量に作られます

 アトピー性皮膚炎で強く炎症(発赤、酒さ)が出ている場所は活性酸素が多い言うことになります。

 活性酸素は炎症を悪化させます。

 すなわち悪循環になります。

 ここで”活発な水素”の登場です!

 水素が体内に入ると、活性酸素は水素と結びつき急激に減少します。

 そして体外へ尿として排出されます。

 その結果、炎症は低減することができます。

 炎症が低減できれば消炎鎮痛剤やステロイドの使用を減らしたり、中止することができます。

 したがって、薬の副作用の低減にもつながります。

 また、水素は細胞の入替をうながし、正常な細胞を増やして行きます。

 水素ガス発生装置「ENEL-02」による水素ガス吸引療法の場合、吸引頻度はホームの「目的別、水素吸引の頻度と目安」

 をご覧ください! 

 

 ステロイド系抗炎症薬の副作用

 医療現場で一般的に使用されるステロイド系抗炎症薬によって生じる副作用について。

 副作用として過剰な免疫抑制作用が発現することによる感染症、クッシング症候群、

 ネガティブフィードバックとして副腎皮質機能不全、糖新生の促進による糖尿病、

 骨量の減少に伴う骨粗鬆症、消化管粘膜におけるプロスタグランジン産生抑制による消化性潰瘍などが知られている。

 気管支喘息においてステロイドを吸入で用いた場合にはステロイド剤は呼吸器系の組織に局所的に作用し、

 血中移行する量が少ないため副作用が少ないと言われている。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』